介護人材に悩むあなたにはぜひ読んで欲しい~スタッフ定着育成「プリセプター制度」

このBLOGでは、介護スタッフの早期離職防止対策として、介護事業所・施設における新人介護スタッフの定着化に向けた支援体制の構築を促進するため、介護事業所・施設が『プリセプター制度』の概要や制度導入に向けての具体的な技法を理解し、制度導入を促進できるような情報等を提供します。 提供者は【介護スタッフ定着・育成インストラクター鷹取】です。 ※無断転載・無断複写禁止

2018年08月

介護スタッフの定着・育成のためのプリセプター制度導入や研修をお考えの事業所はご連絡ください[mail: takatori@shinsou-assist.com ]

Iメッセージでさらっと

blog「 クッションことば「言いにくいのですが」 」のつづき。
 
クッションことば「言いにくいのですが」を上手く活用するには、その後の言葉も大事です。
 
例えば、(新人)「言いにくいのですが、先輩、私の話を少しは聞いてください」と直接相手への要求を伝えるよりは
「言いにくいのですが、私は自分がやっていることが間違ってないか不安なので、先輩に話を少し聞いて欲しいんです」と【私の気持ち】を伝える方がよいでしょう。
 
前者はYouメッセージ、後者はIメッセージです。
 
Youメッセージは相手への攻撃性を持ちやすく、相手はそれに対して反抗する姿勢になりやすいといわれています。そうなるといくら「言いにくいのですが」というクッション言葉を使っても効果は出ません。
 
また、Iメッセージですが、サラッと言ってしまうよにしてください。長々とくどい表現になると気持ちが伝わりにくくなります。
 
 
-----------------------------------------------------------
岐阜県介護事業者人材育成等セミナー事業メイン講師の人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。お問い合わせは次までご連絡ください( mail to: takatori@shinsou-assist.com )。 岐阜県以外でも全国対応しています。
 

クッションことば「言いにくいのですが」

カテゴリ「 新人の悩み・不安・困りごと 」で
いろいろなケースを取り上げてきました(これからも取り上げます)。
読んでいただいておわかりいただけると思いますが
新人は先輩・プリセプターに言いにくい、話しかけにくいと感じています。
または「こんなこと言ってもいいのだろうか」と考えています。
そのため、言わない、話さないままでいることが多いのではないでしょうか?
 
先輩・プリセプターもそれを察して話しやすいようにしてもらいたいのですが、
新人も言う、話すを心がけてもらいたい。
その際、言いやすくなる、話しやすくなるある言葉を紹介しましょう。
「(とても)言いにくいのですが」
吹き出し「とても言いにくいのですが」 
この言葉を使うことで
新人は自分の気持ちや思いを言い出しやすくなります。
一方の先輩・プリセプターは、新人が言いにくいことをあえて言おうとしていることがわかり、聴こうとします。
 
この言葉はクッション言葉といわれ、これがないときに比べて柔らかな感じが出て、心理的な距離が縮まりますので、お互いにとってよい状態になります。
 
ただし、あまり多用しないでください。
いつもいつも使っていると効果はなくなります。
  
 
-----------------------------------------------------------
岐阜県介護事業者人材育成等セミナー事業メイン講師の人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。お問い合わせは次までご連絡ください( mail to: takatori@shinsou-assist.com )。 岐阜県以外でも全国対応しています。
 

新人:人の悪口を聞くことが嫌だった

プリセプターや先輩職員に尋ねてみました。
「あなたが新人のときに感じていた“困ったこと”“悩んだこと”は何ですか?」
 
⇒人の悪口を聞くことが嫌だった。
仕事も覚えないといけない、いっぱいいっぱいの中でそれがさらにストレスになった。
 pose_mimi_fusagu_woman
-○-○-
自分が悪口を言われる立場だったらどう思いますか?
それだけではなく、悪口がはびこる職場で、例えば利用者としてその施設を利用したいと思いますか? また、自分の大切な子どもに働いてもらいたいと思いますか?
 
職場の仲間と話し合ってみましょう。
そして、悪しき雰囲気を刷新しましょう。
 
 
-----------------------------------------------------------
岐阜県介護事業者人材育成等セミナー事業メイン講師の人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。お問い合わせは次までご連絡ください( mail to: takatori@shinsou-assist.com )。 岐阜県以外でも全国対応しています。

新人:先輩がいつも忙しくしていて質問や相談できなかった、遠慮した。

プリセプターや先輩職員に尋ねてみました。
「あなたが新人のときに感じていた“困ったこと”“悩んだこと”は何ですか?」
 
⇒ 先輩がいつも忙しくしていて質問や相談できなかった、遠慮した。
 
-○-○-
仕事のできる先輩が忙しく走り回っている。
その走り回っている先輩を、仕事がまだできない私(新人)が止めて質問や相談していいんだろうか。
isogashii-hashiru「邪魔をしてはいけない」と考えてしまいます。
 
しかし、そうすると新人の成長が遅くなってしまったり、止まってしまったりします。
確かに先輩は忙しいのですが、新人に割く時間を決めてみることをお勧めします。
例えば、「業務を始める前」や「お昼休憩終わり」「終業時」、その5分間。
 
決めてしまえば、新人は質問や相談しやすくなります。
また、先輩も予定として意識すれば、時間を割くように行動するでしょう。
走り回っている途中で止められるとイラッとするかもしれませんが、あらかじめ決めてあればイラッとすることもないでしょう。
 
 
-----------------------------------------------------------
岐阜県介護事業者人材育成等セミナー事業メイン講師の人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。お問い合わせは次までご連絡ください( mail to: takatori@shinsou-assist.com )。 岐阜県以外でも全国対応しています。
 
 

「普通に…」「きちんと…」は新人には理解出来ていない

先輩やプリセプターが新人に対して
普通にやってくれ」
きちんとお願いします」
と言っていませんか?
それで新人が期待通りにやってくれればよいのですが、出来ていないときにイライラして怒る。
「なぜ、普通に出来ないんだ!」
「どうして、きちんとやれないんだ!」と。
でも、ちょっと待ってください。
怒る前に、伝え方を考えてみてください。
 
この「普通に」や「きちんと」は、新人には理解しにくいものです。
理由は抽象的過ぎるからです。
新人は職場に入ってまだ間もない状態です。
「普通に」や「きちんと」の理解やイメージが出来ていないことが多いのです。
具体的に、伝えるようにしてください。
例えば、「片麻痺のある利用者の服を脱がせるのは健側(麻痺のない側)から」と。
 
 
-----------------------------------------------------------
岐阜県介護事業者人材育成等セミナー事業メイン講師の人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。お問い合わせは次までご連絡ください( mail to: takatori@shinsou-assist.com )。 岐阜県以外でも全国対応しています。
 

持っている力を発揮できない新人

持っている力を発揮できない新人がいませんか?
大学や専門学校で、介護のスキルは身につけているはずなのに、やらせてみると出来ない。
やる前は本人も「できます」と言っていたのに。
そのとき、イラッとしたり、ガッカリしたりしていませんか。
実は、本人も悩んでいます。
 
できるのにできなかった。
それは環境が変わったからかもしれません。
「教室での実習」と「現場での実践」とは違います。
どこがどう違うか考えてみるとよいでしょう。
 
実は、私たちも経験しているのではないでしょうか。
練習では出来ていたのに、本番になるとプレッシャーからできなくなる。
 
プレッシャーへの対応力によって、違う結果になってしまう。
よくあることですね。 
 
短絡的に考えず、新人がどうすればできるようになるのか?
 
1.先輩の実践を見学する。
 ↓
2.職員同士で練習する。
 ↓
3.先輩が同行して一つひとつ指示しながら実践させる。
 ↓
4.先輩が同行し見守りながら実践させる。
 
新人一人ひとりのスキルのレベルやプレッシャーへの対応力によって、1~4のどこからやるのが適切か見極めて指導してください。
 
 
-----------------------------------------------------------
岐阜県介護事業者人材育成等セミナー事業メイン講師の人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。お問い合わせは次までご連絡ください( mail to: takatori@shinsou-assist.com )。 岐阜県以外でも全国対応しています。
 

「報告がない」と一方的に責めていませんか新人を


先輩やプリセプターから新人へ
「利用者のどんな小さな変化でも報告してください」と言っていたにもかかわらず、「報告がない」と新人を非難したり、責めたりすることがありませんか?
先輩なら当然のように気づけたことも、新人の場合は変化に気づけていないことも多いのです。目
先輩も自身が新人のときに同じように気づけていなかったとしても、今はそれを忘れて「なぜ報告しなかったんだ」と考えてしまいがちです。
ふり返ってみましょう、自分が新人だったときのことを。
 
また、「利用者のどんな小さな変化でも報告してください」に対して新人が「はい」と返事したとしましょう。
しかしそれは、十分理解し納得した「はい」ではない可能性があります。
単に反射的に(オウム返しのように)「はい」と言っただけ。
それでは、先輩の期待とは違った結果になることが容易に想像できます。
 
新人が「はい」と返事したとき、先輩は次のように尋ねてしましょう。
「いい返事ですね、頼みますよ。ところで“小さな変化”はどのようなことを考えてしているか、私(先輩)に聴かせてもらえるかな。イメージを共有しておきたいので」と投げかけてみてください。
新人から具体的な“小さな変化”の説明があると理解できていると判断できます。先輩のイメージと違うのであればそこで修正してあげてください。
一方、新人から“小さな変化”についての返答がない場合は、理解できていない、単なる反射的な「はい」であると考えて、新人に理解できるように具体的な“小さな変化”の具体例を説明してあげてください。
新人は先輩と違って、まだ未熟な状態なんですね。
 
 
-----------------------------------------------------------
岐阜県介護事業者人材育成等セミナー事業メイン講師の人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。お問い合わせは次までご連絡ください( mail to: takatori@shinsou-assist.com )。 岐阜県以外でも全国対応しています。
 
 

来週に迫ってきた岐阜県 介護事業者向け「人事マネジメントセミナー」

いよいよ来週に迫ってきました「岐阜県 介護事業者向け人事マネジメントセミナー』」
人事コンサルタント鷹取がセミナー講師を担当します。

 
介護業界は、人材確保が極めて難しくなっていますが
人材育成とともに避けて通れない最大の課題です。
そこに有効な手を打つための考え方や対策についてレクチャーします。
「プリセプター制度」を上手く活用するポイントについても解説します。
 
詳しくは、次の画像をクリックしてください。
岐阜県介護情報ポータルサイトに移動します。 
 
岐阜県「人事マネジメントセミナー」案内状_201808
 
 
コンテンツ(セミナーの具体的な内容)は次のとおりです。1日かけて実施します。

■ 介護業界における労働情勢、雇用環境の現状と課題、主な離職理由
■ 今後より重要となる人事マネジメントの意義と取り組み方
■ 管理職の基本原則(特に、管理職としての役割と責任)
■ 人事マネジメントの体系
■ 階層別の人事マネジメント~できる職員が辞めない仕組み・環境づくり
■ 新規採用の成功確率を高める採用戦略・戦術
■ 職員定着のためのプリセプター制度の導入・活用と職場環境の改善
■ 人事考課の基本と実際
■ 「介護職員が介護の面白さ楽しさ、プライドを高める」ための経営者層等としての関わり方、コミュニケーションの取り方
 
-----
岐阜県内の介護事業者は無料で受講できますので、ふるってご参加ください。
他県の方はご参加できませんが、鷹取が同内容で出張研修いたしますのでお問い合わせください(有料、全国対応可)。 
 
-----------------------------------------------------------

『岐阜県介護事業者人材育成等セミナー事業』メイン講師の人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。
c3155-1
介護事業者向けの人材育成系セミナーは、岐阜県の本事業が開始したときから担当し、ありがたいことに今年度で3期目です。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
YouTube カイプリ(介護プリセプター)チャンネル
カイプリチャンネル
記事検索
最新記事
進創アシスト homepage
homepage_201708

blog「人事コンサルタント鷹取が贈る「人事評価・労務管理・人財育成」入門」

人事マネジメントblog


進創アシスト fecebookページ
facebook_201708


最新執筆『主任介護支援員研修テキスト』


執筆本『職場のルールブック』

執筆本『医療機関の労務トラブル事例集』


  • ライブドアブログ