介護従業員の不足感を昨日blog「介護事業所における従業員の不足感」で紹介しましたが、
その不足している理由について「介護労働実態調査」(平成28年度)によると、次のような結果が出ています(複数回答)。
 
1.「採用が困難である」73.1%
2.「事業を拡大したいが人材が確保できない」19.8%
3.「離職率が高い」15.3%
 
表現は違えども「1.」「2.」の“人材の確保ができない”
極めて厳しい状況になってきています。
 
-----------------------------------------------------------
takatori介護従業員の確保は、介護業界内での取り合いということもありますが、一般企業との取り合いでもあります。特に、若者については。
最近『働き方改革』という文字が新聞やニュースで頻繁に目にしますが、一般企業の新卒者確保対策にもそれが表れてきています。
「年次有給休暇の完全取得」
「週休3日制」
「残業なし」
などが珍しくなくなってきています。
これらの条件と競争し勝ち抜いていかなければならないことを認識しなければなりません。