介護人材に悩むあなたにはぜひ読んで欲しい~スタッフ定着育成「プリセプター制度」

このBLOGでは、介護スタッフの早期離職防止対策として、介護事業所・施設における新人介護スタッフの定着化に向けた支援体制の構築を促進するため、介護事業所・施設が『プリセプター制度』の概要や制度導入に向けての具体的な技法を理解し、制度導入を促進できるような情報等を提供します。 提供者は【介護スタッフ定着・育成インストラクター鷹取】です。 ※無断転載・無断複写禁止

新人の悩み・不安・困りごと

介護スタッフの定着・育成のためのプリセプター制度導入や研修をお考えの事業所はご連絡ください[mail: takatori@shinsou-assist.com ]

先輩のあなたも新人・新入職員のときがあった。そのことを思い出して新人指導に活かしましょう!~YouTube「カイプリ(介護プリセプター)」チャンネル

若手・新人〔介護職員〕の定着・育成に最適な『プリセプター制度』についての解説動画

-----
先輩のあなたも新人・新入職員のときがあった

先輩のあなたも新人・新入職員のときがあった。
そのことをよく思い出し、振り返ってみながら
新人の指導育成に向かいましょう、というのがテーマです。

1.働きやすかった、やる気が出た職場は、よいのですが、

2.働きにくい、やる気が失せた職場
そのときの出来事や感覚を忘れて、
新入職員を指導していませんか? 
そのような雰囲気を出していませんか?

新人を迎えるときに、
プリセプターのあなたも一度新人のときを振り返ってみてください。
また、職場の皆でこの振り返りをすると、受け入れる態勢・姿勢ができ、
新人も気持ちをわかってくれていると感じて、安心することができるでしょう。

----------------------------------------------------------
人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。
介護・福祉業界において、管理職研修で「人事マネジメント」の重要性をレクチャーし、新人定着育成のための「プリセプター制度」導入を支援しています。
お問い合わせは次までご連絡ください。⇒ Web窓口 
 
研修案内は右の「クリック」を押してください。⇒ クリック
  

youtube「カイプリ(介護プリセプター)」チャンネル~新人の離職につながる【リアリティショック】とその理解とサポート・フォローの必要性について

介護プリセプター制度についての解説動画
youtube「カイプリ」チャンネルを開設しました。

若手・新人〔介護職員〕の定着・育成に最適な『プリセプター制度』
 
-----
yt_logo

避けて通れない『新人のリアリティショック』について解説しました。
~新人の離職につながる【リアリティショック】とその理解とサポート・フォローの必要性について


Preceptor-3-000


-----------------------------------------------------------
人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。
介護・福祉業界において、管理職研修で「人事マネジメント」の重要性をレクチャーし、新人定着育成のための「プリセプター制度」導入を支援しています。
お問い合わせは次までご連絡ください。⇒ Web窓口 
 
研修案内は右の「クリック」を押してください。⇒ クリック

研修アンケートから「介護現場で辞める理由の1番が人間関係というところに驚いた」

人事コンサルタント鷹取が担当したある「プリセプター研修」のアンケートから
 
プリセプター研修を受講して思ったこと
nurse2_3_surprise介護現場で辞める理由の1番が人間関係というところに驚きました。
お給料や転職ではなく人との関係がしんどくなって辞められている方が多かったんだ。
私の職場でもたくさん辞める方がいました。さまざまな理由でこの職場を辞めている人たちはいると思いますが、人間関係で辞めてしまうことがあるならば残念なことだと私は思います。
 
--------------------------------------------
プリセプター制度の導入を支援していますが、私の支援は制度・仕組みだけではありません。
いくら立派な制度・仕組みを作っても、人間関係がよくなければ決して制度は機能しません。
制度導入と並行して、関係性を高める考え方や取り組みの仕方も学び実践してもらっています。
 
ハードとソフト、両方を支援しているのが、人事コンサルタント鷹取の特徴です。
あなたの職場でも「プリセプター制度」導入してみませんか?
 
-----------------------------------------------------------
人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。
管理職研修や新人定着育成のための「プリセプター制度」導入を支援しています。
お問い合わせは次までご連絡ください。

Web窓口  

 

他部署の人と定期的なランチ会も新人定着対策には有効

新人を定着させるためにコミュニケーションが大事だということはわかっていただけると思いますが、自分と同じ部署でないときは、気になっていたとしても話す機会が少ないのではないでしょうか。
出勤時や退勤時に一緒になれば「おはよう」「お疲れさま」程度の声はかけられたとしても、それ以上の話にはなかなか及びませんね。
そういうときは、部署の違う先輩とのランチ会などを職場で設けてみてはどうでしょうか?
ランチ会
特に、同じ年代の職員がいない部署に配属された新人は話しづらい感じをもっていることも多いでしょう。
または、同じ部署の先輩には言いにくいこと、聞きにくいこともあったりしますので、他部署の者との交流は有効です。

もちろん、新人を緊張させないような話し方や雰囲気づくりは欠かせません。
面談形式の「ただ話をする場」だと緊張させてしまうので、
ランチを食べながらというのはお互い楽になれます。

さらに、この工夫は定期的に行なうことをお勧めします。
「来月また話ができる、話を聴いてもらえる、アドバイスを受けられる」と新人に思わせることも大事です。
次いつあるかわからないというより、新人はぐっと楽になれます。 
職場としても決めておいた方が実現させやすいですね。

-----------------------------------------------------------
人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。
管理職研修や新人定着育成のための「プリセプター制度」導入などを支援しています。
お問い合わせは次までご連絡ください。

Web窓口 

「何かあったら私のところまで来て」では来ない

新人に「何かあったら私のところまで来て」
よく言ってませんか?
そして、実際に来ますか?

ほとんど来ないのではないでしょうか。
あなたと一緒にある程度の期間働いた同僚や後輩なら来るでしょうけど、

新人は来ません。
正確にいえば、新人は行けないのです。

ホントに聞きに言っていいのか?
聞きに言って逆に叱られないか?
安心できないのです。

または、利用者さんのことで忙しそうにしている先輩の手を私のことで止めさせていいのか?

遠慮しているのです。

 

何か聞きたいことはないか?
また、何か困っていたり、難しかったりすることはないか?
こちらから出向いて声をかけることが大事です。定期的に。

安心させ、遠慮しなくてもよいことを感じさせる、そのために、毎日一声かけてください。

早速、今日やってみましょう。

takatori

新人の悩み:職場にいくつかグループがあった

プリセプターや先輩職員に尋ねてみました。
「あなたが新人のときに感じていた“困ったこと”“悩んだこと”は何ですか?」
 
⇒ 職場の中でグループがいくつかあり、仲の良い者同士でできていたので話しかけづらかった。
 
-○-○-
職場の状況としては、指導してくれるプリセプター以外の職員とは会話がなかったようです。figure_nakama_hazure
 
そして、この言葉の裏には、
どうもグループ間で距離があり、
亀裂がある
反目し合っている
ことを新人は感じていたのではないでしょうか。
 
そうだとすると
まだしっかり自分の気持ちを伝えられない新人にとっては
辛い立場に追い込まれる可能性があります
あるグループと仲良くすれば、
他のグループからキツく当たられる
このようなストレスを与えれば新人は耐えられませんね
結局、辞めていくことに…
 
■ここがポイント ⇒ 普段から上司は新人に話しかけるようにし、新人にとって良くない環境があれば改善する!
上の例の改善難易度は高いですが、上司の役割です。
劇的には改善しないと思いますが、少しずつ働きかけることが大事です。
 
 
-----------------------------------------------------------

岐阜県介護事業者人材育成等セミナー事業メイン講師の人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。プリセプター制度導入や研修をお問い合わせは次までご連絡ください。
( mail to: takatori@shinsou-assist.com ) 岐阜県以外でも全国対応しています。
 
 

新人の悩み:「何で出来ないの?」

プリセプターや先輩職員に尋ねてみました。
「あなたが新人のときに感じていた“困ったこと”“悩んだこと”は何ですか?」
 
shiteki⇒ 仕事の内容がまだ曖昧にしかわかっていないときに
 「何で出来ないの?」と注意されてしまった。
 
 
-○-○-
新人は覚えることがいっぱいです。
例え福祉の大学や専門学校を卒業した人であっても。
ましてや福祉を学んできていない人、初めて福祉に携わる人にとってはまったく違う世界にいる(行ったことのない外国に来た)ようではないでしょうか。
 
一度教えたから “わかるはず!” “わかっているでしょう!” と考えるのはよくありません。
覚えることがたくさんあり過ぎて頭が混乱状態にある。
先輩もそういう経験があるのではないでしょうか?
 
さらに、一つの業務の意味や業務の前後のつながりなどがまだ理解できていませんから、頭に“ ? ” マークを浮かべながら業務に携わっています。だから、新人のうちは仕事が「まだ曖昧にしかわかて」いません。
先輩はもう何年も携わっていますから、業務の意味や業務の前後のつながりは問うまでもないでしょう。
 
そこで、
今、新人はどんな状態か?
先輩であるあなたが新人であった頃を思い出してみてください。
まず、一日の仕事を始めるときに。
そして、職場でそれをルーティン化してください。
 
 
-----------------------------------------------------------

岐阜県介護事業者人材育成等セミナー事業メイン講師の人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。プリセプター制度導入や研修をお問い合わせは次までご連絡ください。
( mail to: takatori@shinsou-assist.com ) 岐阜県以外でも全国対応しています。

 

新人の悩み:ゴールが見えない

プリセプターや先輩職員に尋ねてみました。

「あなたが新人のときに感じていた“困ったこと”“悩んだこと”は何ですか?」

 

⇒ ゴールが見えない。

 

---

先輩にとっては当たり前に見えていても、新人には見えないゴール(到達点)。

どこまでやればいいのか、ゴールが見えないと果てしもなく続くように思ってしまいます。
新人にとってそれは非常に不安で、ストレスになります。

 

ゴールと言っても1年先のものではなく今日のゴール。
goal_figureさらには今日のゴールよりも今やっている仕事のゴール。
小さく区切ってゴール設定してください。
そして、小さなゴールだとしても、到達したら評価とアドバイスをしてください。

  

  

-----------------------------------------------------------

岐阜県介護事業者人材育成等セミナー事業メイン講師の人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。プリセプター制度導入や研修をお問い合わせは次までご連絡ください( mail totakatori@shinsou-assist.com )。 岐阜県以外でも全国対応しています。

  

 

新人の悩み:休憩時間がわからない

プリセプターや先輩職員に尋ねてみました。
「あなたが新人のときに感じていた“困ったこと”“悩んだこと”は何ですか?」
 
⇒ 休憩時間がわからず、どこまで頑張って働けばよいかわからなかった。
 
-○-○-
takatori先輩にとっては、「何だそんなこと」と思うかもしれませんが、
新人にはわからないのです。
そこを理解して、先輩から声をかけられるか。
働きやすい職場は、ここに気づけるところではないでしょうか。 
 
-----------------------------------------------------------
 
岐阜県介護事業者人材育成等セミナー事業メイン講師の人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。プリセプター制度導入や研修をお問い合わせは次までご連絡ください( mail to: takatori@shinsou-assist.com )。 岐阜県以外でも全国対応しています。
 
 

新人:何度も聞くのは恥ずかしい

プリセプターや先輩職員に尋ねてみました。

「あなたが新人のときに感じていた“困ったこと”“悩んだこと”は何ですか?」

 

⇒自信がないんだけれど、何度も同じことを聞くのは恥ずかしくて聞けなかった。

 

---

この「恥ずかしくて」という言葉の裏には、
何度も聞きに来るんじゃないと先輩から叱られているのを他の職員に見られたくない。

叱られなくても周りの職員から、また聞きに来てるよ、まだわからないのかねぇ、と思われたくないと
考えているのかもしれません。

  

先輩や周りの職員がそういう態度や思っているのなら、改めなければなりません。
 

しかし、新人が勝手に思い込んでいるだけかもしれません。
その場合は間違ったことをして利用者に迷惑をかけるよりも
何度聞きに来てもいいんだよという安心を与えてください。

 
そのためには先輩の優しい表情と声掛けが必要です。

また、新人の仕事への評価を細かく実施し、出来ている場合はそのことをきちんと伝えてください。
新人は出来ているかどうかがわからず自信がないのですから。

 

-----------------------------------------------------------

岐阜県介護事業者人材育成等セミナー事業メイン講師の人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。プリセプター制度導入や研修をお問い合わせは次までご連絡ください( mail totakatori@shinsou-assist.com )。 岐阜県以外でも全国対応しています。

 

 

普通にしていても先輩の表情が怖い

プリセプターや先輩職員に尋ねてみました。

「あなたが新人のときに感じていた“困ったこと”“悩んだこと”は何ですか?」

 

⇒上手く職場に馴染めるのか不安だった。
 先輩の表情が怖くて声をかけるのに躊躇(ためら)いがあった。

 

---

先輩の眉間に皺が寄っているときは声かけづらいですよね。

それだけではなく、無表情のときも声をかけづらいのです。

普段意識していないと表情はあまりありません。

だから、普段通りにしていても、別に怒ってなくても声はかけづらい、そう考えてください。

まだ先輩のことをよく知らないためです。
緊張し続けの状態で、何を言われるのか恐くて不安でしかたないためです。
 
先輩は口角を上げて、微笑みの表情でいるように心がけてください。
 
新人である(と仮定し)あなたは次のイラストのうち、誰に話しかけやすいですか?
happy_woman1happy_woman2happy_woman3
 

 

-----------------------------------------------------------

岐阜県介護事業者人材育成等セミナー事業メイン講師の人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。お問い合わせは次までご連絡ください( mail totakatori@shinsou-assist.com )。 岐阜県以外でも全国対応しています。

 

 

新人にイラッときたらアンガーマネジメント

前回のblog「 新人悩み:そんなこと聞くのかという先輩の態度 」のつづき。
 
新人からの質問を聞いた途端に
・眉間にシワが寄る
・はぁーとため息をつく
・上から見下す視線を送る
・無言で立ち去る
 
このような負のノンバーバルコミュニケーションをとる訳は、
 イラッとした
 ムカッとした
 カチンときた
のではないでしょうか?
 
このようなときこそアンガーマネジメントのテクニックが役立ちます。
まずは、「とっさの怒りを切り抜ける」テクニックを身につけましょう。
その一つをご紹介しましょう。
 
イラッとしたらとにかく6秒待つ!!!
6秒何もせずにいると時間が長いと感じますので、
次のようなことをしてみてください。
→ 瞬間にぐっと息を溜めて、ゆっくり吐く
これで6秒は過ぎていきます。
 
6秒やり過ごすことで
冷静さを取り戻せ、
適切な対応ができるようになります。
 
 
-----------------------------------------------------------
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントファシリテーターの人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。
お問い合わせは次までご連絡ください( mail to: takatori@shinsou-assist.com )。 
 

新人悩み:そんなこと聞くのかという先輩の態度

プリセプターや先輩職員に尋ねてみました。

「あなたが新人のときに感じていた“困ったこと”“悩んだこと”は何ですか?」

 

⇒質問すれば、そんなこと聞くのかという感じの態度をとられて自信がなくなった。

 

---

言葉でなくても態度だけでも伝わるものです。

あなたも経験したことはあるのではないでしょうか?

これもコミュニケーションです。

ノンバーバル(非言語的)コミュニケーションといいます。
ただし、負の!

 

聞いた途端に

・眉間にシワが寄る

・はぁーとため息をつく

・上から見下す視線を送る

・無言で立ち去る

 

無意識の何気ない態度も新人を傷つけ自信をなくさせています。
ただ癖と同じで態度は、自分ではなかなかわからないものです。
周囲の同僚に尋ねてみるとよいでしょう。

 
また、自分だけでなく周りの職員もそういう態度をとっていないか確認してみましょう!
もしいれば改めてもらう必要があります。
 

-----------------------------------------------------------

岐阜県介護事業者人材育成等セミナー事業メイン講師の人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。お問い合わせは次までご連絡ください( mail to: takatori@shinsou-assist.com )。 岐阜県以外でも全国対応しています。
 
 

新人にとってコールは恐怖

プリセプターや先輩職員に尋ねてみました。
「あなたが新人のときに感じていた“困ったこと”“悩んだこと”は何ですか?」
 
nurse-call2⇒誰からも教えてもらえず、放置された上、コールが鳴り恐かった。

-○-○-
職場に慣れてしまえば、
コールが鳴ってもどうすればよいか想像でき直ぐに動けるのでしょうが、
ほとんどすべてのことがわからない中で新人が聞くコールは恐怖です。
その上、上手く対応出来なければ落ち込みます。
 
先輩のあたり前は、新人にとっては恐怖!
 
新人の頃を改めて思い返してみましょう。
そうすると新人への指導も変わってきます!
 
-----------------------------------------------------------
岐阜県介護事業者人材育成等セミナー事業メイン講師の人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。お問い合わせは次までご連絡ください( mail to: takatori@shinsou-assist.com )。 岐阜県以外でも全国対応しています。
 
 

新人:わからないことを聞くタイミングがわからない

プリセプターや先輩職員に尋ねてみました。
「あなたが新人のときに感じていた“困ったこと”“悩んだこと”は何ですか?」
  
⇒ どのタイミングで、わからないことを聞けばよいかわからなかった。
 
-○-○-
figure_talkingタイミングとしては、わからないと思ったときにすぐに聞くことができればよいですね。*
 
しかし、先輩が忙しく動きまわっているときには、新人は遠慮して聞きにくものです。
先輩も動きまわっているときには“今は聞かないで!”と思うこともあるでしょう。
もちろん、新人が聞きたい内容にもよります。緊急性のあることだと、すぐに返答したり助言したりしないといけませんが
そうでない場合は、お互いによいタイミングを決めておくとよいでしょう。
例えば、お昼休憩の直前、申し送りに入る時間の10分前、集団レクリエーションタイムが始まって5分が経過したとき(レクリーダーではないとき)
 
タイミングを決めておけば、お互いに落ち着いて質問したり対応したりす
ることができます。
新人の「わからないことを聞くタイミングがわからない」は解消できそうです。
 
 
-----------------------------------------------------------
岐阜県介護事業者人材育成等セミナー事業メイン講師の人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。お問い合わせは次までご連絡ください( mail to: takatori@shinsou-assist.com )。 岐阜県以外でも全国対応しています。
 
 
YouTube カイプリ(介護プリセプター)チャンネル
カイプリチャンネル
記事検索
最新記事
進創アシスト homepage
homepage_201708

blog「人事コンサルタント鷹取が贈る「人事評価・労務管理・人財育成」入門」

人事マネジメントblog


進創アシスト fecebookページ
facebook_201708


最新執筆『主任介護支援員研修テキスト』


執筆本『職場のルールブック』

執筆本『医療機関の労務トラブル事例集』


  • ライブドアブログ