介護人材に悩むあなたにはぜひ読んで欲しい~スタッフ定着育成「プリセプター制度」

このBLOGでは、介護スタッフの早期離職防止対策として、介護事業所・施設における新人介護スタッフの定着化に向けた支援体制の構築を促進するため、介護事業所・施設が『プリセプター制度』の概要や制度導入に向けての具体的な技法を理解し、制度導入を促進できるような情報等を提供します。 提供者は【介護スタッフ定着・育成インストラクター鷹取】です。 ※無断転載・無断複写禁止

新人定着

介護スタッフの定着・育成のためのプリセプター制度導入や研修をお考えの事業所はご連絡ください[mail: takatori@shinsou-assist.com ]

新人が独り立ちに向けて目指す目標「入職 6か月後の姿」の設定の仕方~YouTube「カイプリ(介護プリセプター)」チャンネル

YouTube「カイプリ」チャンネル
若手・新人〔介護職員〕の定着・育成に最適な『プリセプター制度』についての解説動画

-----
yt_logo

新人が独り立ちに向けて目指す目標「入職 6か月後の姿」の設定について解説
サムネ

新人が独り立ちに向けて目指す目標「入職 6か月後の姿」の設定について、ツールの紹介とあわせて解説。

指導する先輩たちが考える新人の目標がバラバラにならないよう新人が目指す「入職 6か月後」の姿、役割や職務の内容については職場で明確にしておく。
それを作るには、先輩達が意見を出し合いながら、ツールの修正を重ねていくと期待する姿、役割や職務、また独り立ちする期間の長さの設定が適切なものになる。
そして、「基本的な」という抽象的な表現ではなく、新人にもわかる具体的な内容で設定することがポイント。
 
-----------------------------------------------------------
人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。
介護・福祉業界において、管理職研修で「人事マネジメント」の重要性をレクチャーし、新人定着育成のための「プリセプター制度」導入を支援しています。
お問い合わせは次までご連絡ください。⇒ Web窓口 
 
研修案内は右の「クリック」を押してください。⇒ クリック
 

お金をかけずに新人が定着する職場は簡単に作れる!~挨拶の漢字の意味を実践するだけ~YouTube「カイプリ(介護プリセプター)」チャンネル

YouTube「カイプリ」チャンネル
若手・新人〔介護職員〕の定着・育成に最適な『プリセプター制度』についての解説動画

-----
yt_logo

お金をかけずに新人が定着する職場は簡単に作れる!~挨拶の漢字の意味を実践するだけ
サムネ
 
「挨拶」の漢字の意味を知っていますか?

挨拶なんか出来ているという職場も、多くは出来ていない!! 新人が働きやすいと思える職場を作るには、挨拶という漢字の本来の意味を体現することが大事! 疎かにせず、動画をみて振り返って欲しい。

 
率直に言えば、簡単だけれど出来ていない。 逆に言えば、簡単に出来る。それを実践するかどうかだ。  
お金をかけずに新人が定着する職場は簡単に作れる!
 
-----------------------------------------------------------
人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。
介護・福祉業界において、管理職研修で「人事マネジメント」の重要性をレクチャーし、新人定着育成のための「プリセプター制度」導入を支援しています。
お問い合わせは次までご連絡ください。⇒ Web窓口 
 
研修案内は右の「クリック」を押してください。⇒ クリック
 

新入職員に期待する3か月後の姿

人事コンサルタント鷹取が担当したある「プリセプター研修」のアンケートから
  
プリセプター研修を受講しての感想
 
新入職員に期待する3か月後の姿というテーマで考える時間があった。
現実的には期待よりも大きく目標を下げて、
スモールステップで達成できる設定を行った方がよい。ゴールの設定は具体的に、新人のレベルにあわせて
つい、こちら(プリセプター)としては自分の目線で考えてしまうが
新人の身になって考えることと
こちらから話しかけて聞くことが大切である。
 
-----------------------------------------------------------
そうなんです!
 
人手不足の介護現場ですから
つい
・早く独り立ちしてもらいたい
・戦力になってもらいたい
と考えて焦ってしまいがちですが
それを押し付ける形になってしまうと
新人に過剰な負担・ストレスを与えてしまうだけになってしまいます。
結果的に、定着せず離職させてしまいかねません。
 
まず、1人を定着させる、
時間がかかっても
そのことに力を注いでみましょう。
 
焦らないためには、プリセプター制度の考え方と仕組みは大いに役立ちます。
ぜひ、あなたの職場も取り組んでみてはいかがですか?

-----------------------------------------------------------
人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。
人事マネジメントの管理職研修や新人定着育成のための「プリセプター制度」導入を支援しています。
お問い合わせは次までご連絡ください。

シフトの関係でプリセプターとプリセプティが会う機会も少ない

人事コンサルタント鷹取が担当したある「プリセプター研修」のアンケートから
  
プリセプター研修を受講しての感想
 
私が入社当時はなかった制度なので、とてもよい制度だと思います。
新人と上手くコミュニケーションを取れれば、
プリセプティ(新人)と信頼関係を築けて
それによって新人は見守ってくれている安心感で
なんでも相談できるようになり
やめてしまう人を減らせるのかなと思います。
 
ですが、シフトの関係で、
なかなかプリセプターとプリセプティが会う機会も少なく
どうやってコミュニケーションを取っていけばよいのかを
改めて考える機会となりました。
また、同じプリセプターと悩みを共有するよい機会にもなりました。

-----------------------------------------------------------
「プリセプターとプリセプティが会う機会は少ない」
確かに、介護の現場は人手不足感が強く、
ギリギリの人数で勤務シフトを回しているところも多いでしょう。
そこで、どう工夫するか。
  
例えば、
上司は、職場で
プリセプター制度の意義を説明し
「プリセプティ集中育成期間」と銘打って、
職員の協力を得ながら
入職当初は、
プリセプターとプリセプティが同じシフトになるように
調整を図ってみてはどうでしょうか。
 
ある施設では、3か月の間、
同じシフトになるよう徹底したところ、
定着率は劇的に改善しました。
 
現実的に3か月は難しくても
1か月程度はやってみることをお勧めします。
 
現場はその間負担が多くなりますが、
少し先を見据えて
・新人が定着せずに離職を繰り返す職場で我慢するのか
・1か月大変だけども職場で協力して定着させるのか
チーム力が問われるところです。
 
また、関係性を作るには
実際会って話をすることも大事ですが
長時間話をするだけしか方法はないのかというとそうではありません。
プリセプターから、常に声かけ意識を持って、
一言でも実際に声をかけることで新人は安心感を得られます。
 
ノートの活用もお勧めです。ノートの活用
プリセプターとプリセプティとの間で
気軽に質問をしたり答えたりできるようにするノート。
その際、1日1頁と強いノルマを課さず
書くことがなければそれでよしとするのもよいでしょう。
また、プリセプターの方から投げかけてみるのも一つの活用方法です。
新人が答えやすいように問いを発してみてはいかがでしょうか?
 
-----------------------------------------------------------
人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。
人事マネジメントの管理職研修や新人定着育成のための「プリセプター制度」導入を支援しています。
お問い合わせは次までご連絡ください。

Web窓口  

「新人を指導する=業務を教える」だけでは新人は定着しない

人事コンサルタント鷹取が担当したある「プリセプター研修」のアンケートから
  
プリセプター研修を受講して学んだこと
 
最初に教育する内容について、今まではルーチン業務から伝え、その後専門業務を教えていくことが必要だと考えていた。
しかし、実際はコミュニケーションの教育が必要。
会話のキャッチボールコミュニケーションをとり、社内で人間関係を保つことも人材定着に必要なことである。
このことから、今後プリセプターとして、人間関係やコミュニケーションのとり方を中心に教育していきたい。それによって福祉の業務に必要な能力の一部も獲得できると考える。
 
-----------------------------------------------------------
そうなんです。
「新人を指導する=業務を教える」
とだけ考えがちですが、それだけでは上手くいきません。
社内の上司や先輩との関わり方・よい関係のつくり方、
そのためのコミュニケーションのとり方を
欠いては定着しません。
 
そのことを「プリセプター研修」で講義し、ワークをして身につけてもらっています。
 
-----------------------------------------------------------
人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。
人事マネジメントの管理職研修や新人定着育成のための「プリセプター制度」導入を支援しています。
お問い合わせは次までご連絡ください。

Web窓口  

研修アンケートから「介護現場で辞める理由の1番が人間関係というところに驚いた」

人事コンサルタント鷹取が担当したある「プリセプター研修」のアンケートから
 
プリセプター研修を受講して思ったこと
nurse2_3_surprise介護現場で辞める理由の1番が人間関係というところに驚きました。
お給料や転職ではなく人との関係がしんどくなって辞められている方が多かったんだ。
私の職場でもたくさん辞める方がいました。さまざまな理由でこの職場を辞めている人たちはいると思いますが、人間関係で辞めてしまうことがあるならば残念なことだと私は思います。
 
--------------------------------------------
プリセプター制度の導入を支援していますが、私の支援は制度・仕組みだけではありません。
いくら立派な制度・仕組みを作っても、人間関係がよくなければ決して制度は機能しません。
制度導入と並行して、関係性を高める考え方や取り組みの仕方も学び実践してもらっています。
 
ハードとソフト、両方を支援しているのが、人事コンサルタント鷹取の特徴です。
あなたの職場でも「プリセプター制度」導入してみませんか?
 
-----------------------------------------------------------
人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。
管理職研修や新人定着育成のための「プリセプター制度」導入を支援しています。
お問い合わせは次までご連絡ください。

Web窓口  

 

時間がかかるということを念頭において新人を育てる

ある法人の「プリセプター研修」受講者のアンケートから

この研修で学んだことは?
・プリセプター制度で最も重要なことは「職場適用支援」である。
今の若者は育てるのに時間がかかるということを念頭に置き時計
「社会人として、組織人として」を教えて、業務を教えるという二重の指導が必要。

figure_shakehands・指導の前に、人間関係=信頼関係づくりが大切で、そのベースのところをいかにつくるかを考える必要がある。
新人の立場に立って考えることを忘れずに指導にあたっていきたい。
 
-----
忙しさに振り回されてしまうと、つい上のことが疎かになってしまいますが、
新人の指導に入る前に
プリセプター制度の仕組みやツールを使うことで、毎日意識でき、適切な指導・育成ができるようになります。
あなたの職場でもプリセプター制度導入してみませんか?

-----------------------------------------------------------
人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。
管理職研修や新人定着育成のための「プリセプター制度」導入を支援しています。
お問い合わせは次までご連絡ください。

Web窓口  又は mailto: takatori@shinsou-assist.com 
 

他部署の人と定期的なランチ会も新人定着対策には有効

新人を定着させるためにコミュニケーションが大事だということはわかっていただけると思いますが、自分と同じ部署でないときは、気になっていたとしても話す機会が少ないのではないでしょうか。
出勤時や退勤時に一緒になれば「おはよう」「お疲れさま」程度の声はかけられたとしても、それ以上の話にはなかなか及びませんね。
そういうときは、部署の違う先輩とのランチ会などを職場で設けてみてはどうでしょうか?
ランチ会
特に、同じ年代の職員がいない部署に配属された新人は話しづらい感じをもっていることも多いでしょう。
または、同じ部署の先輩には言いにくいこと、聞きにくいこともあったりしますので、他部署の者との交流は有効です。

もちろん、新人を緊張させないような話し方や雰囲気づくりは欠かせません。
面談形式の「ただ話をする場」だと緊張させてしまうので、
ランチを食べながらというのはお互い楽になれます。

さらに、この工夫は定期的に行なうことをお勧めします。
「来月また話ができる、話を聴いてもらえる、アドバイスを受けられる」と新人に思わせることも大事です。
次いつあるかわからないというより、新人はぐっと楽になれます。 
職場としても決めておいた方が実現させやすいですね。

-----------------------------------------------------------
人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。
管理職研修や新人定着育成のための「プリセプター制度」導入などを支援しています。
お問い合わせは次までご連絡ください。

Web窓口 

明るいあいさつが飛び交う施設は素晴らしい

ある施設の「プリセプター研修」研修後のアンケートから
 明るい挨拶
アンケート設問:新人とのコミュニケーションを充実させるために、するといいことは何ですか?
 
回答:明るいあいさつが飛び交う施設は素晴らしい。もっと重要なことがあるのではと思うかもしれませんが、一番大事なことだと思います。
 
-----------------------------------------------------------
講師の私・鷹取が研修やセミナーで「あいさつ」は毎回レクチャーに入れます。講義だけではなく、ワークやロールプレイの中にも。
また、施設(事業所)を訪問した際、一番先にみるのは「あいさつ」です。
あいさつがきちんとできているとことは、定着もいいし、職員のレベルも高い!
 
あなたの施設では、どうですか?
第三者的に観察してみましょう。
  
-----------------------------------------------------------
人事コンサルタント鷹取が記事を書いています。
管理職研修や新人定着育成のための「プリセプター制度」導入を支援しています。
お問い合わせは次までご連絡ください。

Web窓口  又は mailto: takatori@shinsou-assist.com  

「何かあったら私のところまで来て」では来ない

新人に「何かあったら私のところまで来て」
よく言ってませんか?
そして、実際に来ますか?

ほとんど来ないのではないでしょうか。
あなたと一緒にある程度の期間働いた同僚や後輩なら来るでしょうけど、

新人は来ません。
正確にいえば、新人は行けないのです。

ホントに聞きに言っていいのか?
聞きに言って逆に叱られないか?
安心できないのです。

または、利用者さんのことで忙しそうにしている先輩の手を私のことで止めさせていいのか?

遠慮しているのです。

 

何か聞きたいことはないか?
また、何か困っていたり、難しかったりすることはないか?
こちらから出向いて声をかけることが大事です。定期的に。

安心させ、遠慮しなくてもよいことを感じさせる、そのために、毎日一声かけてください。

早速、今日やってみましょう。

takatori

YouTube カイプリ(介護プリセプター)チャンネル
カイプリチャンネル
記事検索
最新記事
進創アシスト homepage
homepage_201708

blog「人事コンサルタント鷹取が贈る「人事評価・労務管理・人財育成」入門」

人事マネジメントblog


進創アシスト fecebookページ
facebook_201708


最新執筆『主任介護支援員研修テキスト』


執筆本『職場のルールブック』

執筆本『医療機関の労務トラブル事例集』


  • ライブドアブログ